Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計「Philosopher」着用口コミ

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)




北欧デザインの腕時計ブランド、Nordgreen(ノードグリーン)さんからブログ掲載用に Philosopher(フィロソファー)の腕時計をモニターさせていただきました。

正直なところ、ここ数年の間は腕時計を身に着けることから遠ざかっていたのですが、いざ着けてみると愛着が湧くばかりです。

どんな服装にも合わせやすいシンプルなデザインと、くっきりと見やすい文字盤が気に入っています。

記事の最後には全商品(メーカー再生品を省く)が15%OFFとなるクーポンコードも掲載しているので、ぜひ利用してみてください。


Nordgreen(ノードグリーン)

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計モデル、どれを選ぶ?

現在、Nordgreen(ノードグリーン)には全5種の腕時計モデルがあり、それぞれのモデルにブランドストーリーがあります。

基本的に腕時計のモデルは全てユニセックスですが、身に着ける人の体のサイズによって、文字盤のサイズを変更するのがおすすめされています。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)サイズ比較

例えば Philosopher(フィロソファー)であれば、文字盤のサイズは36mm or 40mmから選べるので、女性なら36mm、男性なら40mmを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

※文字盤のサイズによって、ストラップ幅や長さも違ってきます。

Pioneer(パイオニア)モデルは42mmのみの展開となっていて、そのゴツゴツしたデザインからも男性向けの印象が強いです。

かわいさ&耐水性で「ローズゴールド」×「メッシュストラップ」をチョイス!

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

今回選ばせてもらったのはこちらの組み合わせです。

かわいさと合わせやすさを考えて、まずカラーはローズゴールド一択と決めていました。

そして耐水性と見た目の好みで、同カラーの金属製のメッシュストラップを選びました。

Nordgreen(ノードグリーン)Philosopher(フィロソファー)×ピンクレザー

レザー(特にピンクレザー)の組み合わせもかわいかったのですが、一年通して使うとなると、夏場はレザーストラップよりメッシュの方がいいかなあという感じで。

また、Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計はストラップの交換が簡単にできるので、あとから追加でストラップを購入してもいいなと思っています。

Nordgreen(ノードグリーン)の配送~開封まで

Nordgreen(ノードグリーン)の配送

こちらがわが家に配達されたNordgreen(ノードグリーン)の包みです。
英語だし、宛名はローマ字だし、海外から届いたドキドキ感が満載!

配送業者はセイノースーパーエクスプレスという会社さんでした。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

いざ開封!

Nordgreen(ノードグリーン)メッシュストラップの長さの調整方法

ストラップの長さを調整するために使う器具も同梱されていました。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

文字盤に貼られたシールを剥がします。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

裏もペリッと。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

文字盤はクッキリと見やすい1分刻みで、秒針もあるクラシックなデザインの腕時計です。
日付けも設定できます。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

文字盤の裏のデザインはこちら。
写真は中央が黒っぽく写ってしまいましたが、実際はシルバーです。

長さ調整~日付と時刻の設定、ストラップの交換方法

メッシュストラップの長さの調整方法

Nordgreen(ノードグリーン)メッシュストラップの長さの調整方法

メッシュストラップは調整部分のロックを解除して、上下に移動させて長さを調整します。

公式サイトのよくある質問には「小さな金属(ピンセットなど)を使って、ストラップの調整部分のロックを解除してください。」と書かれているので、ロックが外せる物であれば、使うのは何でもいいようです。

日付と時刻の設定方法

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)日付と時刻の設定方法

日付と時刻は向かって右側にある竜頭(りゅうず=つまみ部分)で設定します。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)日付と時刻の設定方法

竜頭(りゅうず)は2段階に分かれています。

1段階引っ張り出してから回すことで、日付(1~31の数字)を設定できます。
2段階引っ張り出してから回すと、時計の針が動いて時刻を設定できます。

設定が終わったら竜頭(りゅうず)を押し込んで、元に戻せば完了です。

ストラップの交換方法

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)ストラップの交換方法

腕時計を裏側にし、右側の飛び出ているつまみをスライドさせてストラップを着脱します。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)ストラップの交換方法

最初は少しコツがいりますが、簡単に着脱できます。

Philosopher(フィロソファー)を着用してみた感想

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

Philosopher(フィロソファー)を実際に着用してみました。
ローズゴールドのカラーが肌になじんで、服装を選ばずに合わせやすい感じです。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

留め具の部分には「nordgreen」のロゴも入っています。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

メッシュストラップはクネクネとよく曲がるので、時計と腕まわりにすき間ができにくく、フィット感も高いと思いました。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

シンプルなデザインなので、ネイルも自由に楽しめそうです。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

ゴールドのチェーンバッグとの相性もぴったり。
文字盤が大きく、パッと時間を確認できるので、実用性もばっちりです。

まとめ

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

どのモデル&デザインにすべき迷いましたが、やっぱりローズゴールド×メッシュストラップにして正解でした!

ファッションを選ばず、オンオフどちらにも合わせやすい「万能感」があります。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計はストラップも交換も簡単にできるので、その日の服装に合わせてストラップを変えるのもおすすめです。

文字盤が見やすく、秒数もカウントできる Philosopher(フィロソファー)はお気に入りになりました。

Nordgreen(ノードグリーン)の腕時計 Philosopher(フィロソファー)

ここ数年、時間を確認するときはスマホやPCばかりでしたが、腕時計は「時間だけ」を伝えてくれます。
余計な情報が目に入らないのは、仕事や思考のさまたげになりません。

そんな腕時計の良さを改めて実感しました。

15%OFFのクーポンコードはこちら!

Nordgreen(ノードグリーン)さんより、ブログ掲載用に15%OFFクーポンを発行していだたきました。

クーポンコード:COMO

対象商品:全商品(メーカー再生品を省く)
メーカー再生品とはいわゆるアウトレット商品のことです。

「カート」のページから、「クーポンコードをお持ちの方はこちら」に「COMO」と入力して会計に進むと15%の割引価格で購入できます。
ぜひ利用してみてください!


Nordgreen(ノードグリーン)

Nordgreen(ノードグリーン)ピンクレザーウォッチストラップ

【腕時計】ノードグリーンのストラップを春色ピンクレザーに交換してみた

2021年3月21日