肌断食でノーファンデ肌に!肌断食研究所の塩洗顔『美塩』を使ってみた

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』




化粧品に頼らない「肌断食」を提案しているブランド、肌断食研究所の美塩(うつくしお)を使ってみた口コミです。

一時期、美容業界でも流行った肌断食。
化粧品を使わず、肌本来が持つバリア機能を高めて美肌を目指す美容法です。

美塩(うつくしお)は特殊な製法の美容ソルトで、洗うだけでツルすべのしっとり肌になります。

お風呂上りも突っ張りや乾燥が気にならないので、スキンケアをラクにしたい人にはおすすめです。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)
美塩(うつくしお)はこちら

肌断食研究所って?

肌断食研究所(旧プルミエグラン)はその名称の通り、「肌断食」がコンセプトの美容ブランドです。

設立は2014年12月でまだまだ新しい企業ですが、手作り生産にこだわり、水と空気がきれいな富士山のふもとの工場で製品作りをしています。

取り扱っている商品は洗顔料、全身用(ボディ・頭皮)洗浄料、メイク落とし用石鹸の3種類のみです。

あくまで素肌が主役で、肌に「足し算」をする化粧品は一切作っていません。

余分なものをしっかりと落とし、肌本来の力を引き出すことで「肌断食」を成功へと導くアイテムだけを揃えています。

そもそも肌断食って何だっけ?

肌断食は「宇津木式」を提唱した、宇津木龍一先生が有名です。

宇津木先生の著書、『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―』には、化粧品を排除し、「水洗顔」で美肌を目指す方法が書かれています。

Amazonレビューを見ると効果を実感したという口コミも多いのですが、中には「自分には合わなかった」「余計ひどくなった」というような怖い口コミもあります。

宇津木式は結構ストイックな内容なので、取り組むには注意も必要です。

肌断食研究所の美塩(うつくしお)について

肌断食研究所も宇津木式の肌断食を継承していますが、そのままの形ではなく、独自の肌断食法を推奨しています。

それは素肌の力にこだわった「洗顔」の方法です。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』
肌断食研究所では、美塩(うつくしお)という美容ソルト洗顔料を作っています。

特徴はこちらです。

  • 合成界面活性剤不使用の泡立てない塩洗顔
  • パウダー状のソルトなので肌を傷つけない
  • 香料、着色料、オイル、アルコール、パラベンも全て無添加
  • 塩の浸透圧で毛穴汚れを吸引
  • 肌本来が持つ油分を引き出してくれる
  • 乾燥の原因になる「にがり」を100%除去
  • ウマプラセンタやコラーゲン、ローヤルゼリーなどの美容成分も配合
  • 国産のハンドメイド製造

口に入っても安全な天然成分だけで作られており、肌の弱い人でも使えるようになっています。

美塩(うつくしお)のトライアルセットを使ってみた感想

今回は、肌断食研究所の3商品が税抜500円+送料無料で試せる「スターターキットコース」を使ってみました。

(※スターターキットコースはお試し後に定期コースとなりますが、別途メール連絡でキャンセルも可能です。)

肌断食でノーファンデ肌に!肌断食研究所の塩洗顔『美塩』を使ってみた
まずは外箱から。
配送業者はヤマト運輸で、ポスト投函でした。

スターターキットの内容はこちら。

  • 肌断食読本
  • 美塩 洗顔料 3~4回分×3個
  • 美塩 全身用 全身1回分×3個
  • メイク落とし石鹸 10g

肌断食読本

肌断食でノーファンデ肌に!肌断食研究所の塩洗顔『美塩』を使ってみた
肌断食読本は文庫本みたいな冊子で、肌断食記録をつけられるページもあります。

肌断食を成功させるための方法がびっちりと書かれており、文字数は多いですが読みやすい内容です。

この1冊で肌断食についてかなり詳しく学べるので、成功のためのモチベーションも上がります。

美塩 洗顔料

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』
美塩 洗顔料は、1包で3~4回分使えます。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』
使われているソルトは、塩の角を撮った角丸ソルトで、さらにパウダー状になっています。
色は黄色がかっていますが着色料は使用しておらず、成分の天然の色です。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』
ぬらした肌に適量を置き、やさしく、こすらずにマッサージします。
美塩は界面活性剤不使用のため、泡立たないソルト洗顔です。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』
やはり「塩」なので、使う前は肌へ刺激が気になったのですが、実際はとてもマイルドでなめらかなテクスチャーでした。
粒つぶ感は多少ありますが、気持ちのいい使用感です。

そして、流したあとはトゥルトゥルの肌ざわりに。

ソルトでしっかりと汚れが落ちたようで、サラサラすべすべの触り心地を実感できました。
突っ張る感じもなかったです。

お風呂上り後は化粧水だけつけて寝ましたが、乾燥は気にならず、「肌断食、いけるかも。」と思えました。

また、わたしは「しみる」感じもありませんでした。

中には肌にダメージがあったり、肌が弱かったりしてピリピリを感じる人もいるそうです。
けれど、使い続けるうちにバリア機能が高まり、じょじょにしみなくなってくるようですよ。

美塩 全身用

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト『美塩(うつくしお)』全身用
全身用は1包で全身1回分です。

ひじやひざ、かかとの角質ケアや、頭皮マッサージにも使えます。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト『美塩(うつくしお)』全身用
全身用の方がソルトの粒が大きく、より塩っぽさが感じられる見た目です。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト洗顔料『美塩(うつくしお)』

左:美塩 全身用
右:美塩 洗顔用

並べてみるとこの通り。
全身用の方が黄色が濃く、塩が粒だっていてザラザラしています。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト『美塩(うつくしお)』全身用
洗顔料と違い、まさにソルトスクラブらしい粒つぶ感です。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)の美容ソルト『美塩(うつくしお)』全身用
マッサージすると、ソルトの粒が肌を気持ちよく刺激してくれます。

特に硬いかかとの角質は、一回では満足できるすべすべ感にはなってくれませんでしたが、使用感としては満足できました。

体の気になる部分だけにポイント使いしてもいいと思います。

メイク落とし石鹸

肌断食研究所(旧プルミエグラン)のメイク落とし石鹸
メイク落とし石鹸の成分は、マイルドな洗浄力が特徴の「馬油」が主原料となっています。

泡立てる必要はなく、ぬれた手で20回ほどこすり合わせて、やさしくメイクになじませます。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)のメイク落とし石鹸
肌断食研究所ではメイクはNGとされていませんが、「石鹸で落ちるタイプ」のメイク(化粧品)を推奨しています。

クレンジング剤を必要とするメイクは、肌に負担を与えて、毛穴詰まりの原因と考えられているからです。

ミネラルファンデを試すならエトヴォスのトライアルキットがおすすめ!
別ブランドですが、「石鹸で落とせるメイク」というと、ミネラルファンデーションのエトヴォスもおすすめです。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)のメイク落とし石鹸
実際に使ってみて、やはりウォータープルーフマスカラなどはメイク落とし石鹸では落とせませんでした。

基本的に肌断食研究所は「ノーファンデ肌」を目指すブランドなので、このマイルドさで十分なのだと思います。

まとめ&塩洗顔で肌断食を始めるならスターターキットがおすすめ

肌断食研究所の美容ソルト「美塩(うつくしお)」は、洗うだけでツルツル・すべすべ肌が実感できる塩洗顔料でした。

きちんと「落とす」ことに着目し、肌本来が持つ機能を高め、肌断食の成功をサポートしてくれます。

肌断食でノーファンデ肌に!肌断食研究所の塩洗顔『美塩』を使ってみた
今回お試ししたスターターキットは、肌断食研究所の公式サイトから税込500円&送料無料で購入できます。
お試し後は定期コースとなりますが、メールでキャンセルも可能です。

サイトの内容をよくお読みになったうえで注文されてみてください。

肌断食研究所(旧プルミエグラン)
美塩(うつくしお)はこちら