POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズをお試ししました

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ




3月末に開催されたイベント「美的フェス」のPOLAブースにて、美白ケアラインの『ホワイトショット』シリーズをお試ししました。

クリームタイプのSXSは気になる部分にポイント使い。
みずみずしいテクスチャーのCXSは、顔全体のくすみに有効です。
インナーケアにはサプリメントタイプもありますよ。

ポーラのホワイトショットシリーズって?

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ
ホワイトショットが誕生したのは1998年。
発売から20年のロングセラーですが、研究が重ねられ、今年2018年には新たな美白メカニズムを採用した、ホワイトショットCXS・SXSが生まれました。

肌が本来持つ「美しくなる力」を高めることに着目した、美白ケアコスメとなっています。

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ
シミやくすみの要因は「メラノサイト」の停滞なのだそうです。
このメラノサイトがきちんと移動することで、肌全体のメラニン量が適切になり、結果としてシミやくすみのないきれいな肌が保たれます。

ホワイトショットは、ポーラの最新の美白研究技術から誕生しました。

目的別で使い分けられるクリームタイプと美容液タイプ、サプリメントも

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ
ホワイトショットシリーズには、ポイント使いができるクリームタイプの「ホワイトショット SXS」、全顔に使いやすい美容液タイプの「ホワイトショット CXS」があります。

体の内側からもアプローチしたい方には「ホワイトショット インナーロック タブレット IXS」がおすすめです。
サプリタイプなので、飲むだけで手軽にインナーケアが続けられます。


からだの中から透明感にアプローチ ホワイトショット インナーロック IX

ホワイトショット SXSはポイント使いに便利なクリーム

ポーラ ホワイトショット SXS
ホワイトショット SXSは、気になる部分のポイント使いに便利なクリームです。

ポーラ ホワイトショット SXS
キャップは回して外すタイプです。
チューブの先は段になっており、少し特殊な形状になっています。

ポーラ ホワイトショット SXS
密着性の高いクリームで、塗りたい部分にピンポイントにフィットします。
写真は少し多めですが、使用量の目安は1カ所につき真珠1粒大ほどでOKです。

ポーラ ホワイトショット SXS
かなりこっくりとした濃厚なクリームです。
SXSだけだと伸ばしにくいくらいの濃さですが、化粧水後のうるおった肌であれば、SXSもなめらかに伸びてくれます。

実際にブースでその通りに試させてもらい、使いやすさを実感しました。

全顔、くすみにはホワイトショット CXS

ポーラ ホワイトショット CXS
ホワイトショット CXSは全顔に使いやすい美容液タイプです。
化粧水後に使用します。
クリームタイプのSXSの前に塗布し、合わせ使いしてもOKです。

ポーラ ホワイトショット CXS
容器はキャップを外して使う、ポンプ式が採用されています。
リフィル(詰め替え用)も販売されているので、2本目以降は少しお得にリピートできます。

ポーラ ホワイトショット CXS
小ぶりな見た目ですが、朝夜全顔使用で約2ヶ月分だそうで意外とたっぷり使えます。

ポーラ ホワイトショット CXS
テクスチャーは化粧水に近いシャバシャバとした美容液です。
かなり浸透がいいのか、手に取った瞬間からぐんぐん肌が吸収していきました。

みずみずしくて付け心地も軽く、塗っている感が全くないのでさっぱりと使えます。
肌もしっとりとうるおい、気持ちのいい使用感に満足しました。
お試しで使っただけですが、CXSは結構お気に入りです。

POLAホワイトショットのまとめ

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ
新しくなったホワイトショットシリーズは、ポーラの長年の研究から生まれた、美白ケアに期待の持てるアイテムです。
どちらかと言えば高価格帯のブランドですが、信頼や技術力も高く、安心して使えます。

POLAの美白スキンケア『ホワイトショット』シリーズ
透明感のある肌になりたい方、色白美肌を目指したい方にはライン使いもおすすめですよ。

↓ 公式サイトはこちら ↓