【オールインワンゲル】ナチュラルエレメンツのバランシングゲルを使ってみた口コミ!時短ケアにも




こっくりクリームなのに、なじんだあとはサラサラの質感!
ナチュラルエレメンツの【バランシングゲル】は、これまで使ってみたオールイワンの中でも特に気に入っています。

洗顔後はこれ1本でOKなので、仕事で帰宅が遅かったり、お子さんがいる女性にもおすすめのコスメです。

オールイワン化粧品と普通の化粧品の違い

そもそもオールイワン化粧品って結局なに?

ということで、オールイワンと普通の化粧品の違いについて調べてみました。

化粧品の基本的な構造は、

水性成分 + 油性成分 + 界面活性剤 + 防腐剤など

で、界面活性剤は水と油を混ぜ合わせる成分です。
また、防腐剤はその名の通り、化粧品が腐らないようにするために入れる品質保持剤です。

普通の化粧品も、オールインワン化粧品も、基本の構造は同じになります。

敏感肌向けの化粧品は「無添加」をうたい、界面活性剤や防腐剤を含まず作られているものも多いですね。

そして、水性成分と油性成分の配合量の違いで、「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」といった名前になります。

水の成分が多い化粧品は化粧水、油の成分が多いとクリームという風に位置付けられるわけです。

オールインワンは、水と油のバランスを調整して、1つでスキンケアが完了できるアイテムとなっています。

白っぽいゲルと透明なゲルは、色味で比較すると、

  • 白っぽいゲル → 油の配合量が多い → しっとり系
  • 透明なゲル → 水の配合量が多い → さっぱり系

となります。

オールイワンのバランシングゲルって?


【バランシングゲル】は、株式会社スピカズのナチュラルエレメンツから出ているオールイワンゲルです。

アットコスメのオールイワン部門の1位を獲得したこともあり、30~40代の女性を中心に支持を得ています。

化粧水・乳液・美容液・クリームの機能がひとつになり、洗顔後はこれ1本で時短ケアができます。

バランシングゲルの成分

注目すべき美容成分は、

  • セラミド
  • プロテオグリカン
  • コラーゲンを生みだす6種の成分

です。

セラミド

肌のバリア機能を高め、カサカサ乾燥肌へアプローチ。
バランシングゲルには3種のセラミドが配合されています。

プロテオグリカン

コラーゲンやヒアルロン酸を肌が生み出す力をサポート。
水分不足の肌に、ハリ・ツヤ・透明感をうながします。

コラーゲンを生みだす6種の成分

肌自らがコラーゲンを生みだすための6種の成分を配合。
(ビワ葉エキス・ウンシュウミカン果皮エキス・シャクヤク根エキス・セイヨウオオバコ種子エキス・3重らせんコラーゲン・ダイズ種子エキス)

またバランシングゲルは、石油系界面活性剤、アルコール、合成着色料・香料、シリコン、鉱物油などを使わないフリー処方でつくられています。

バランシングゲルを使ってみた口コミ


【バランシングゲル】を実際に使ってみました。

オールインワン化粧品というとジャータイプの容器のものが多い印象ですが、バランシングゲルは中身が空気に触れづらいポンプタイプです。

洗顔後2~3プッシュほどがおすすめの量とされていますが、1プッシュでも十分に伸びます。
全顔だけなら1プッシュ、デコルテまでたっぷりケアする場合は2プッシュが個人的におすすめです。

テクスチャーはこっくりとした重めのクリームなのに、肌になじんだあとは意外にサラサラに仕上がります。

かなり濃厚な見た目なのにべたつかない&なじみがよくて重くない!

スキンケア製品がここまで気に入ることは早々ないので、【バランシングゲル】は本当に気に入っています。


内容量は150gで2ヶ月分だそうですが、1プッシュだけでもよく伸びるので、2ヶ月以上持ちそうな感じもします。

バランシングゲルがおすすめの人

【バランシングゲル】はこんな人におすすめです。

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • アトピー肌
  • スキンケアを時短したい人
  • オールインワン化粧品をこれまで敬遠していた人

フリー処方で肌にやさしく、オールインワン化粧品のイメージが変わるような使いやすさと実感力があります。

特に、これまでオールインワンには物足りなさを感じていた方に、ぜひ試してみてほしいです。

↓ 詳細はこちらから ↓