そばの葉とリンゴが入った青汁 そば若葉フルーツプラスを飲んでみた

青汁 そば若葉フルーツプラス




ケール、大麦若葉、明日葉、クワの葉など、青汁と一口に言っても原料はさまざまあります。
青汁そば若葉フルーツプラスは、主な原料に、そばの若葉が入った珍しい青汁。
リンゴやバナナも加わり、飲みやすい味に仕上がっています。

そば若葉フルーツプラスの特徴

青汁 そば若葉フルーツプラス
青汁そば若葉フルーツプラスの特徴は、名称の通り、そばの若葉とフルーツ(リンゴとバナナ)が入っているという点です。
青汁と言ったら、キューサイさんの「まずい、もう一杯。」のCMが有名ですが、最近では青汁は飲みやすさを重視して開発されているように感じます。

青汁 そば若葉フルーツプラス
青汁そば若葉フルーツプラスは、原料に大麦若葉、ケール、クワの葉、そしてそばの葉が使用されています。
健康食品として知られるそばですが、そばの葉にはそば粉の100倍ものルチンが含まれているそうです。

また、信州産のリンゴ、バナナを加え飲みやすさをプラスし、400億個の植物性乳酸菌も配合しています。
原材料名を見ても、余分なものが全くない印象です。

青汁そば若葉フルーツプラスを飲んでみました

青汁 そば若葉フルーツプラス
そば若葉フルーツプラスは1箱15包入り。
外箱も個包装の袋も、全体的にシンプルなデザインです。

青汁 そば若葉フルーツプラス
1包は11g入り。
1日1包を目安に、100~150mlの水や牛乳に溶かしていただきます。
シェーカーの使用が推奨されていますが、ない場合はスプーンでよくかき混ぜればOKです。

青汁 そば若葉フルーツプラス
粉末をコップに入れてみて、その量の多さが目を引きました。
1包は11g入りはなかなかの量です。

青汁 そば若葉フルーツプラス
スプーンでよくかき混ぜて作ったものがこちら。
粉末の量が多い分、混ぜるのもひと仕事なので、やはりシェーカーの方が作りやすそうです。

青汁 そば若葉フルーツプラス
プカプカと浮いているのは信州産の皮つきリンゴです。
このつぶつぶがあることで、「噛んで飲む青汁」になっています。

細かく角切りにされたフリーズドライのリンゴなので、初めて飲んだときは「歯に詰まる」感はどうしてもありました。
リンゴの食感は正直なところ好き好きかもしれませんが、この歯ざわりや食感が他の青汁にはないポイントだと思います。

味は苦みがなく、強いクセもなく、バナナやリンゴの素材の甘さがほんのりとあって飲みやすいです。

まとめ

青汁そば若葉フルーツプラスの利用者からは、

  • 青汁というよりスムージー
  • 野菜不足を補うため飲んでいる
  • 寝つきが良くなり風邪対策にも
  • 食前に飲んで食べ過ぎをストップ
  • お通じに変化が見られた

といった声が上がっています。
野菜不足が手軽に補えること、飲みやすくおいしいことが人気の理由のようです。

そば若葉フルーツプラスは通常価格4,212円。定期コースだと初回は41%OFFの2,480円からお試しできて送料無料です。
最低購入回数の縛りはなく、電話で解約が可能なので試しやすそうですね。