泥練洗顔を使って分かった人気の理由 毛穴汚れをかき出すもっちり泡の泥洗顔

泥練洗顔




@コスメの口コミランキング、洗顔フォーム部門で1位を獲得したことのある泥洗顔料、泥練洗顔を使ってみました。
6種の泥を配合し、アルガンオイルでうるおいをキープ。もっちり泡でキメもかなり細かく、なかなか良かったです。

おすすめランキングでも高順位、人気の泥洗顔料

泥練洗顔
最近話題の泥洗顔(クレイ洗顔)のおすすめランキングを見てみると、高確率でランクインしているのがこちらの泥練洗顔。
@コスメのクチコミランキングでも1位を獲得したことがある人気の泥洗顔料です。
この記事を執筆している2017年10月現在、泥練洗顔の@コスメクチコミ評価では、星5.5と高評価を得ています。

泥練洗顔の成分と使い方

泥練洗顔
泥練洗顔は「肌のうるおいを守りつつ、汚れを根こそぎ落とす」という点に着目して作られています。

泥練洗顔
国内外から厳選した6種の泥(クレイ)にこだわり、引き締める天然岩塩や、うるおいを守るアルガンオイルも配合されています。

泥練洗顔
泥練洗顔を使った洗顔方法は3通りあります。
洗顔ネットを使った基本の泡洗顔と、「ねり洗顔」「泥パック」ができます。

ねり洗顔は少量の水を含ませて、練りながら軽く泡立て洗顔する方法。
練られた泥が肌に密着し、毛穴汚れを吸着してくれます。

泥パックは、そのまま直にフォームを肌に塗り、パックとして活用する方法です。
60秒程度置いて洗い流す、週2~3回のスペシャルケアとしておすすめされています。

泥練洗顔を実際に使ってみました

泥練洗顔
泥練洗顔は1本120g入り。チューブタイプの洗顔料です。

泥練洗顔
キャップは回して外すタイプです。
クレイ(泥)配合のためか、テクスチャーは少し硬めに感じました。ギュッとチューブを押して取り出します。
冬場、寒いところに置いておくと、さらに中身が硬くなるかもしれません。
その場合はお風呂のお湯で少し温めてから出すといいと思います。

泥練洗顔
しっかり泡立てて使用する場合は、2~3cmが量の目安です。
スペシャルケアの泥パックとして使う場合は4~5cm取り、気になる厚めに塗布します。

泥練洗顔
洗顔ネットで泡立てると、もっちりした泡が出来上がります。
泡のキメが細かいのも特徴で、ここが特に気に入りました。
泡立ちがいい洗顔料は多いですが、同時に求めたいのは泡のキメの細かさです。

たっぷりの泡が持続し、泡もちもいい感じです。
洗い上がりはスッキリしつつ、余分なものだけを取り去ってくれたようで、つっぱり感もありませんでした。

公式サイトなら1本から送料無料で25%OFF

泥練洗顔はAmazonや楽天などの大手ショッピングサイトでも販売されていますが、1本以下の購入だと送料がかかってしまう場合が多いようです。

泥練洗顔公式サイトなら1本から送料無料で、通常価格から25%OFFの税込1,944円で購入可能です。

泥パックもできるクレイ洗顔料の泥練洗顔。
ぜひ試してみてくださいね。

↓ 公式サイトはこちら ↓

泥のチカラでもっちりたまご肌【泥練洗顔】